主護霊(しゅごれい)と

 

守護霊(しゅごれい)の違い

 

 

神光幸子さんという方も

 

月花と同じようなことを言っていたので

 

鳥肌が立ちました。

 

神様が教えてくれた7つの智慧

 

という本の中に

 

月花の言っている守護霊は主護霊のことだと知りました。

 

指導霊とか、

 

いろいろ霊にも呼び方があるみたいですが

 

月花はスピリチュアルなことに興味がないので

 

スピリチュアル系?の単語をまったく知りません。

 

こちらのHPでは、神光さんを見習って

 

守護霊→主護霊と呼ぶようにしています。

 

 

 

 

 

守護霊は役目が終わったら入れ替わる。

 

と、聞いたことがあるかもしれません。

 

 

 

それは、背後霊のことです。

 

 

 

この世に人間として生まれてきた時から

 

死ぬ時まで

 

ずっと、そばにいてくれるのが主護霊です。

 

変わることはありません。

 

 

 

主護霊はあなたのことが好きすぎて

 

好きで好きでたまらなくて

 

あなたが物質の世界に生まれるのが

 

不安で心配で、ついてきてくれたのです。

 

 

 

 

 

守護霊という言葉が広く認知されているので

 

あえて主護霊という漢字にしましたが

 

本当「霊」ではなく神様です。

 

 

 

 

 

一人一人に、神様がついていてくれているなんて

 

素晴らしくて有難いことだと思いませんか。

 

 

 

 

 

では、なぜ守護霊という言葉もあるのか。

 

 

 

 

霊体は人間の目では普通見ることはできません。

 

霊体自体も魂なので

 

霊体の状態で魂のレベルアップのため

 

生活(修業?)しています。

 

 

 

それで、早くレベルアップしたいために

 

主護霊のお仕事を手伝ってくれます。

 

それで、人を守護するお手伝いをしている霊。

 

守護霊となります。

 

 

 

だから、お手伝いをしている霊が多いと

守護霊が3体ついています。と

 

言われることがあるのです。

 

 

 

「あなたの守護霊は、亡くなったおばあちゃんですね」

 

よく聞くケースです。

 

 

 

ご先祖様が主護霊になることはありません。

 

心配になって、ちょうどそばに来てくれていた時か

心配すぎて、ずーっとそばにいるから

 

霊能者の人に姿を見られてしまったのでしょう。

 

 

 

 

 

主護霊は守護している人のことを

 

本当に、本当に、大切に思ってくれて

 

大切に、大切に、守ってくれています。

 

言葉で表すことができないほどの・・・

 

 

あえていうなら、宇宙より大きな愛情で包み込んでくれています。

 

 

 

 

主護霊も神様として日々修業にはげみ

 

レベルアップしています。

 

 

 

主護霊の存在を気づいたり、見たりすることは

 

普通の人だと、なかなかできません。

 

 

そのような中

 

主護霊がいつもそばにいる。と

 

信じ

 

今日もありがとうございます。と

 

感謝の言葉を述べるだけで

 

主護霊の神様レベルが猛スピードでアップしていき

 

さらに強い加護になっていきます。

 

 

感謝の言葉を忘れたとしても

 

信じているだけで

 

主護霊は喜んでくれます。

 

 

 

「主護霊(神様)っているんだぁ」と

 

思うだけ。って簡単じゃないですか?

 

 

 

 

本当の神様や仏様の慈悲深さ。

 

人間が到達できるレベルではありませんよ。

 

 

 

目には見えませんが

 

厳然として神の存在があります。

 

 

唯物論者でさえも

「神」の存在を認めなければ

説明できないことがたくさんあります。

 

 

今の日本人は「私は無宗教です」というのが

かっこいいと思っていませんか?

 

 

世界では「無宗教」というと

 

自分の信念(信じている教え)を持っていないのか?と

 

ビックリされるのですよ。

 

 

 

 そこで、日本古来から信仰されていた

 

「八百万(やおろず)の神」を信じています。

 

と言って欲しいです。

 

 

 

八百万(やおろず)の神

 

  • 木・・・ご神木(しんぼく)神社にありますよね。
  • 川・・・「千と千尋の神隠し」にでてきたハクは川の神様です。

  • 台所の神様・・・今では少なくなりましたが、お正月を迎える時に台所にもしめ縄を飾っていましたよね。
  • お米・・・普段食べているお米の一粒、一粒にも、神様が宿っています。だから米粒が茶碗に残らないように丁寧にお箸でいただくのです。

 

 

八百万種類の神様がいるのではなくて

数え切れないほどの神様がいる。

 

と考えられています。

 

 

 

今のように計算機もない時代

 

八百万という数は

 

途方もなく大きな数字だったと思います。

 

 

 

日本は、あらゆるところに神様のいる国。

 

常に私たちは神様に守られているって素敵ですね。